保険治療と自費治療

男女

手術なしかありか

足も手同様に指があり、指の先には爪があります。手の指や爪は日常的によく見るでしょうが、足の指や爪はなかなか見る機会がありません。朝に靴下を履けば、夕方に脱ぐときにちらっと見るくらいです。すると異常が発生しているのに気づかないときがあります。窮屈な靴を履いたり、爪の切り方が間違っていると巻き爪になる可能性があります。東京にある皮膚科などで治療を受けられるので、まずは診察してもらいましょう。その後に治療方法などが決まります。東京で巻き爪の治療を行うときの費用に関しては、まずは保険適用が受けられる手術があります。簡易手術であったり根治手術があり、適用後で5千円から1万円ぐらいの負担で受けられます。手術なので痛みはありますが、麻酔などを行うので治療中に痛みが出ることはないでしょう。手術をするために患部ができますから、一定期間お風呂やシャワーを利用できないときもあります。患部に関しては定期的に消毒のために通院をしなくてはいけません。東京で巻き爪の治療をしてもらう方法として、自費診療で受けるものがあります。海外で行われている方法で、治療方法に手術を用いません。ですから痛みなどもあまり感じません。東京での巻き爪の治療に関しては、まずワイヤーを取付けて、そのワイヤーの通りに爪が矯正されるのを待ちます。矯正までには数回ワイヤーの取り換えが必要になります。料金の相場としては3万円から5万円ぐらいになり、保険治療に比べると少し高めになります。