爪に関する正しい知識

足

サイズがあっていない靴

五臓六腑といった人体の主要な器官については、それなりに知識があり日頃から意識するのですが、爪に対してはどうでしょうか。特に足の爪は靴下や靴に隠されている部分であり、目にするのは帰宅してからのこととなるでしょう。そして問題となるのが爪に関する知識が足りないために、お手入れが全くの我流で各人各様で違うことです。もしも足の爪がなくなってしまったら、どうなるかということを想定したことはないでしょうか。まず困るのは靴下はもちろんのこと、靴もはけなくなり歩く事さえ困難になることが想定できます。それくらい実は重大な役目を担っている足の爪ですが、普段は意識されず靴選びのほとんどはファッションにあわせて選ばれているのです。ファッションにあわすというのは、お洒落な女性が多く存在する大都会東京では当然のことともいえます。しかし爪の変形で最も多い代表例といえば、巻き爪という最近女性に多くみられる疾患の一つです。この疾患足の親指の爪に発症例が多くあり、平面であるべき爪が巻くように変形することから巻き爪と呼ばれています。たかが爪とはいえ巻き爪が重要視されているのは、柔らかい皮膚の部分に変形した部分がささって時には出血することもあるからです。東京では職場に相応しい格好を求められるので、女性が窮屈に感じてもつま先が小さなパンプスを履くしかないこともあります。そうすると爪には圧力が上からかかるため、巻き爪になってしまうことが往々にしてあるのです。自動車で行動するよりも公共交通網が整っている東京は、案外と歩く機会が多くあり足のサイズにあっていない靴を履いていればそれだけ負担もかかります。人が多く集まる東京には良い医療施設も多数あるので、巻き爪を早期に治療したいのなら形成外科か皮膚科を来院してください。

医者

皮膚の症状が気になったら

皮膚のトラブルが発生した場合は、早めに皮膚科を受診する事を推奨します。大阪には大学病院があるために、原因不明の皮膚のトラブルも精密検査によって判明する事が多いです。凍結治療は通院期間が長くなる傾向があるために、通院が容易な皮膚科を選ぶのがポイントです。

詳しく見る

病院

良いクリニックの選び方

自宅の近所や駅の近くにある皮膚科クリニックを活用するのが、アトピー性皮膚炎などの治療をスムーズに進めるための基本です。また横浜のクリニックを受診するときには、初診時に症状を丁寧に伝えることが重要であり、必要に応じて大きな病院を紹介してもらうのが理想的です。

詳しく見る

受付

頼れる皮膚や肌のプロ

岡田佳子医院は一般的な皮膚科の診療に加えて、脱毛や肌に関するカウンセリングまで様々な治療を行なっています。美容皮膚科を専門的に行なっているクリニックと比べても遜色ないメニューとなっているので、非常に頼りになります。

詳しく見る

男女

保険治療と自費治療

東京の皮膚科において巻き爪の治療を受けることができます。保険適用と自費診療があり、保険適用であれば手術を受けます。治療費は1万円ぐらいの負担になります。自費診療だと手術なしで受けられますが、3万円から5万円近くかかります。

詳しく見る